当院について

  • 診療科目
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • お見舞いの方へ

ホーム < 当院について < 病院紹介・沿革

病院紹介・沿革

所在地 兵庫県加古川市尾上町口里790−66
電話 (079)456−2252(代表)
FAX (079)456−2258
名称 医療法人社団せいわ会 たずみ病院
病床数 96床(一般49床・療養47床)
開設者 医療法人社団せいわ会(昭和52年4月16日)
診療科 内科 ・ 消化器内科 ・ 循環器内科 ・ 呼吸器内科 ・ 人工透析内科 ・ 外科 ・ 消化器外科 ・ 脳神経外科 ・ 整形外科 ・麻酔科・ リハビリテーション科
告示・指定 救急・労災・生保・東播二次救急病院群輪番
各種届出事項 1.基本診察料の施設基準
 ・一般病棟入院基本料(10:1)
 ・療養病棟入院基本料1
 ・療養病棟療養環境加算(1)
 ・救急医療管理加算
 ・急性期看護補助体制加算
 ・栄養管理実施加算
 ・麻酔管理料(1)
2.特掲診察料の施設基準
 ・薬剤管理指導
 ・CT撮影(16列以上)
 ・MRI撮影(1.5テスラ以上)
 ・運動器リハビリテーション(T)
 ・脳血管疾患等リハビリテーション(U)
 ・医科点数表第2章第10部節手術の通則5及び6に掲げる手術
 ・ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
 ・がん性疼痛緩和指導管理料
3.入院時食事療養の基準
・入院時食事療養(I)
施設 敷地面積 4,606.15m2
建築物構造 鉄筋コンクリート造 地上5階
延床面積 6,466.18m2
理事長 小林 良平
副理事長 上木 通裕
院長 河村 貴
副院長 田 政文
事務長 石堂 求
看護代表者 生田 美苗(管理部長)
薬局主任 黒越 徹
地域連携室長 寺岡 佳美
職員数 180名(うち非常勤52名)
 
医療機器・設備 64列CTスキャナー ・ 1.5テスラMRI ・ 全身対応アンギオ装置(血管撮影装置)
ファイバースコープ(胃、大腸、気管支)及び同滅菌洗浄装置 ・ 人口呼吸器
超音波診断装置 ・ 大動脈バルーンパンピング装置 ・ トレッドミル ・ ポリグラフ
人工腎臓装置(日機装)・ 腹腔鏡(手術用)・ 骨密度測定装置 ・ X線TV
理学療法機器 ・ 脳波計 ・ 全身低体温装置 ・ 生化学自動分析装置 ・ 全身麻酔器 ・ 血圧脈波検査装置 等
健康診断 各種企業検診、 人間ドック(別掲)
  • CTCT
  • MRIMRI
  • デジタルアンギオ装置デジタルアンギオ装置
  • 血液浄化室血液浄化室
  • リハビリテーション室リハビリテーション室
  • 病棟の訓練室病棟の訓練室
  • 【1階】受付・会計 事務 診察 能波・エコー 心電図 内視鏡
        X線透視 一般X線 CT MRI リハビリテーション 救急 地域連携
    1階
  • 【2階】
    病室 201〜217
    2階
  • 【3階】
    病室 301〜330 ICU
    3階
  • 【4階】
    手術 DSA 管理 栄養
    4階
  • 【5階】
    血液浄化
    5階
昭和47年9月 現在地において、たずみ病院を開設。 病床数47床
昭和50年8月 附属棟を増築し、病床数61床となる。
昭和52年4月
医療法人せいわ会を設立し、法人組織となる。
昭和53年12月 増改築により、病床数70床、ICU6床となる。
昭和57年3月 増改築により、病床数122床、CTスキャナーその他の医療機器増設。
平成4年12月 病棟整備により病床数114床(うちICU8床)となる。
平成11年4月 一般病床54床、療養病床40床の合計94床となる。
平成16年10月 尾上町口里に病院移設用敷地購入。
平成23年10月 現病院の西方にて駐車場増設

平成24年2月
尾上町口里にて新病院開設
一般病床49床、療養病床45床、血液浄化部・地域連携室新設
4階に手術室(2室)、5階に透析フロア(最大30ベッド)を設置
1.5T MRI、64列CT、デジタル血管造影装置その他を新規設置
平成24年4月 増床により一般病床49床、療養病床47床の合計96床となる。
平成24年9月 「在宅介護支援センターたずみ」「たずみデイサービスセンター」開設
平成26年8月 「在宅介護支援センターたずみ」「たずみデイサービスセンター」廃止

このページのトップへ

アクセスマップ

加古川市尾上町口里790-66

詳しく調べる